STUDIO BREITLING

 
 

技術者コラム

 

「エマージェンシー」のメンテナンス (2007/6/27)

image03

皆様、こんにちは。私はブライトリング・ジャパンの技術者、志賀千章です。 「エマージェンシー公認技術者」の一人として、「エマージェンシー」のメンテナンスをスタジオ・ブライトリングで行っています。今回は「エマージェンシー」のメンテナンスについてお伝えしようと思います。
「エマージェンシー」は以前より海外では販売されておりましたが、日本では電波法の改正を受け、2006年11月より販売が開始されました。121.5MHzの国際航空遭難信号機を装備したこの腕時計は、「プロのための計器」たるブライトリングに相応しい特殊モデルです。2006年6月1日の時点で、全世界で22名の方が「エマージェンシー」によって命を救われています。
購入のためにはパイロット資格を有する等の条件があるため、一般の方はおいそれとは手に入れることは出来ない、航空プロフェッショナルだけが手に出来る「計器」なのです。
が求められます。「エマージェンシー」には完璧が求められているのです。
「エマージェンシー」はその特殊性から、使用者の氏名、住所等の情報がスイス・ブライトリング社に登録され、メンテナンスごとに、行われた日付や発信機部分の測定データをレポートする義務があります。