STUDIO BREITLING

 
 

技術者コラム

 

ブライトリングの製品哲学(2009/8/31)

「100%クロノメーター」

こんにちは、スタジオ・ブライトリングの林 繁です。
今回は、ブライトリングのムーブメントにかける情熱について、あらためてご紹介したいと思います。
ご存知のように、ブライトリングは「100%クロノメーター」という自らに課した使命に基き、全製品にクロノメーター認定を受けた高精度なムーブメントを搭載しています。
ブライトリング製造工場「クロノメトリー」の工場長・イバン・イエリー氏は、その難しさを次のように語っています。
「腕のいい技術者がいれば、いくつかのムーブメントクロノメーターにすることはそれほど難しいことではありません。 しかし、これを何万個という数の単位ですべてに対して行うとなるとわけが違います。言ってみれば、難解なテストでクラスの全員に100点を取らせるようなものなのです。」
いかに難しいことであるかが容易にご想像いただけると思います。実際、クロノメーターを取得している時計は、スイスで生産されている時計全体の5%程度だと言われています。その認定を全製品に対して行っているのですから、たいへんなことです。
この難問を解決するため、クロノメトリーでは人の手による伝統的な技術力と先進機器の融合が行われています。
機械式時計の製造においては、工作機械やテスト機器がいくら進化しても技術者の手による卓越した技術力が欠かせません。
経験、知識、技術力そして先進機器。
これらすべてが融合して初めて、10万本を超える製品の「100%クロノメーター」という難題をクリアすることができるのです。