STUDIO BREITLING

 
 

技術者コラム

 

世界を相手にするビジネスパーソン必携の
「GMTウオッチの使い方」講座 (2012/3/30)

皆さん、こんにちは。 スタジオブライトリングの林繁です。

さて、私は技術トレーナーという仕事柄、定期的にスイスにミーティングやトレーニングなどで行く事があります。現地から電話やメールで日本のスタッフと常に連絡を取り合うのですが、いつも「あれ?今、日本は何時?」と一瞬考えてしまいます。

今回は、そんな時に非常に便利な機能をもったモデルをご紹介したいと思います。それは、今年発表された、クロノマット44 GMTです。 このモデルに搭載されているCal.04は、海外時間を表示できるGMT機能を備えています。しかも、ただ副時針(もう一つの時針)が付いているだけではなく、実はブライトリングらしい機能的な特徴があるのです。

私が実際にスイス出張に行く状況を例に、その使い方をご紹介します。
さぁ、スイスに向けて出発しましょう。