STUDIO BREITLING

 
 

技術者コラム

 

日本における技術トレーニング [前編]

image08

私たち技術者にとって「技術トレーニング」は大きな意味を持ちます。今回は、そのなかでも重要な「第1段階」のトレーニングの内容をご紹介したいと思います。 技術者として入社すると5年間にわたって基礎トレーニングを受けますが、第1段階のトレーニングとは入社時に受けるものです。

期間は1週間にわたります。
まず「ブライトリング」という会社を知るために、製造の哲学や主な活動などを学びます。
次にアフターサービスのポリシーや各種資料、専用工具の取扱いを身につけ、そしていよいよ実技です。
はじめは、トレーニング用のブレスレットや時計を使って、ブレスレット調整やケースの分解を行うことから。