STUDIO BREITLING

 
 

STUDIO BREITLING技術体験セミナー 第5回 体験レポート

第5回目となる「STUDIO BREITLING技術体験セミナー」が、2012年8月に東京と大阪で同時開催されました。多数の応募の中から抽選で、東京・大阪合わせて15名の方にご参加いただきました。
猛暑の中、各会場にお集まりいただいた皆様は、3時間に及ぶセミナーに集中されていました。

時計技術者による講義がスタート。第一部はモニターや模型を使って、機械式時計が動く仕組みを詳しく解説。技術者が分かり易く、機構やパーツの名称などを説明。積極的に質問なども飛び出すなど、スタートからなかなかの熱気に。

ひと通りの講義を終えて、第二部、いよいよ実技へ。目の前に並べられた工具とポケットウォッチのムーブメントに緊張も高まります。
震える指先を抑えて、ムーブメントから、数ミリの大きさのパーツをひとつひとつ外していきます。思わず息を止めて集中してしまう緊張の連続でした。

全て外したパーツを今度は戻していきます。外すよりも難しい工程です。最後のパーツのテンプを入れると歯車が規則正しく動き出します。緊張から解き放たれ、安堵とともに笑顔に。テスターで精度を調整し実技が終了しました。

参加していただいた方々から感想を頂戴しました。

(前列左から)
萩原さん
自分自身が、分解及び組立てることにより、機構を知ることができました。講義も聞いていて分かりやすかったです。体感することにより、オーバーホールの重要性、技術者の苦労を知ることができました。非常に有意義な時間を過ごす事ができました。

金原さん
最初は緊張していましたが、非常に分かりやすく親しみやすい説明であっという間の3時間でした。芸術品のような部品に実際に触れることができ、組み立てたムーブメントが動いたときは、とても感動しました。

阿部さん: 説明が解りやすく、時計の知識が身に付きこれまで以上に愛着を持てるようになった。今回のセミナーのように少人数ながらCSを大切にしているブライトリングのビジネスモデルは他企業も参考にすべきであると感じた。

森さん: ブライトリングが大好きでその中身を少しでも知りたいと思い参加させて頂きました。最初は自分に分解から組立てまで出来るか不安でしたが、丁寧に教えて頂き、分かりやすく、その仕組み・原理に感心し、作業に時がたつのも忘れ、吸い込まれていくようでした。

(後列左から)
嶋田さん: 最初から緊張していて、ちゃんと分解・組立てできるか不安でした。内容も難しかったのでこの状態では一人だけ失敗してしまうかも・・・と思ったのですが、実際に動いた時は感動しました。優しく教えていただきありがとうございました。受講できて嬉しく思います。より一層、自分時計に愛着がもてました。

堀越さん: 用意して頂いた資料の内容や説明がとても分かりやすくて理解しながら進むことができました。最後にテンプを入れて動き出す瞬間は感激でした。テンプに力をためるのにアンクルをはじいている機構には驚きました。

鈴木さん: 大きさ、形状、様々な部品を組み合わせて、このような複雑な動きを作り出しているということを分かりやすい説明と実際の分解・組立で理解することができました。今回の部品よりも小さく、より複雑な機構が自分の時計の中につまっていると思いながらカチカチという音を聞きたいと思います。

(左から)
山口さん
機械式時計を実際に分解してみて構造・役割がとてもよく理解できた。本当に奥の深い世界であると思う。テンプが動き出す瞬間は時計の生命が宿るような世界だと感動した。

湧川さん
4時間位の間でしたが久しぶりに非常に楽しく"学ぶ"事が出来た充実した時間でした。分・組立ての作業を通じ、テンプがうまく動き出さずに四苦八苦しましたが、これも良い経験でした。今度は是非、子供と一緒に参加させて頂き、この感動を伝えてあげられたら良い経験になるなぁと思いました。

小林さん: 非常に貴重な体験ができました。腕時計の製造・メンテナンスの難しさや奥深さを知ることができて、さらにハマっていきそうです。ブライトリングファンとしては、今回のようなアカデミーや定期的なイベントを開催してもらえることがとても喜ばしいことといつも思っています。

下坂さん: 先日、子供と一緒にアカデミーに参加して、その時も興味深い内容で面白かったのですが、今回はさらに理解も深まり、より興味深く楽しむことができました。機械式時計のメカニズムもよくわかり、とても充実した一日となりました。ありがとうございました。

尾崎さん: 初心者にも分かりやすく、疑問に思った事を丁寧に教えて頂きました。以前に店舗イベントで技術者の方から、アンクルの振り子がどうして止まらないのかという理由を伺い心を揺さぶられましたが、今回は自分で組立てたというのが強く、香箱からの力がガンギ車にまで伝わり、ガンギ車が高速で回った事が嬉しく楽しかったです。

畠中さん: 機械式時計の分解、組立てをすることによって、興味、魅力が増しました。やはりテンプを入れる、動き出す、音がする、全てに機械式時計はいいなぁと思いました。このセミナーに参加できてとても楽しかったです。ありがとうございました。

渡瀬さん: すごく楽しかった。ブライトリングを購入時にもらった本を読んでいて、ある程度イメージはできていたつもりですが、実際に機構を目で見て触ってみると全然違いました。パーツ一つ一つも細かくて繊細で芸術品のようでした。こんなすごい機構が自分の腕についていると思うと、より一層、大切に思います。

残念ながら途中で退席されてしまった亀平さんもご参加いただきました。