STUDIO BREITLING

 
 

STUDIO BREITLING WATCH ACADEMY for Kids 体験セミナー

体験セミナー

2014年の夏休み、「スタジオ・ブライトリング ウォッチ・アカデミー」が7月26日、8月2日に東京と大阪でそれぞれ開催されました。
昨年同様に、ご応募いただいたクラブ・ブライトリングメンバーの中からご招待。
スタジオ・ブライトリング技術者とおそろいの白衣を着用して、「時計はどうして動いているの?」といった素朴な疑問をはじめ、時計の歴史と仕組みを楽しくお勉強!緊張の面持ちで挑んだムーブメントの組み立てを終えて、再び時を刻みはじめた時計を目にした笑顔にあふれる表情が印象的な一日をレポートします。

参加者に感想を伺いました。

  • 東京会場

    2014年7月26日 東京会場

    前列右から、
    藤本珠莉さん(埼玉県・6年生)「輪列受けを入れる所がとても難しかったですが、ピンセットなどを使い上手に入れられました。貴重な体験ができてとてもうれしかったです。」
    大澤功太郎くん(千葉県・5年生)「時計の中身が分かりました。アンクルが無いとクルクル歯車が回ってしまうことなど分かりました。自由研究にのせたいです。」
    折橋学武くん(神奈川県・5年生)「時計の中が見られとても良かった。今度は時計全部を組み立てたいと思います。」
    常喜奏那さん(東京都・5年生)「時計の仕組みがよく分かりました。いろんな部品を取り付けるのが楽しかったです。」
    鈴木康祐くん(茨城県・6年生)「時計がなぜ一定のスピードで動いていられるのかが分かったのでとても楽しかったです。大人になったらBREITLINGの時計をつけたいです。」

  • 東京会場

    2014年8月2日 東京会場

    前列右から、
    鈴木美羽さん(宮城県・5年生)「時計の作り方が分かってとても楽しかったです。また組み立てをしてみたいです。」
    鈴木大智くん(宮城県・6年生)「最初は緊張してうまくできるか不安だったけど、完成した時は達成感があってうれしかったです。また機会があったらチャレンジしたいです。」
    安田慈穏くん(東京都・6年生)「時計はゼンマイだけで動くものだと思っていましたが、時計はすごくせんさいで素晴らしいことに気づきました。」
    高梨真由さん(神奈川県・6年生)「初めての体験ができてとても楽しかったです。少し難しいところもあったけど説明を聞いてしっかりできました。」
    池田一樹くん(東京都・6年生)「難しかったけど、完成できて良かった。」

  • 大阪会場

    2014年7月26日 大阪会場

    前列右から、
    河西幾栄さん(大阪府・5年生)「時計がどこから伝わったのかが分かりました。組み立ても難しかったけど楽しかったです。」
    井野帆乃莉さん(大阪府・6年生)「難しい所もあったけど楽しかったです。特に難しかったのが受けを乗せる所でした。」
    堺 洸太くん(愛知県・6年生)「日時計や水時計など自然で時間を知る物から機械式時計に変わっていったように時計の歴史がよく分かりました。」
    中島芳樹くん(三重県・6年生)「時計の仕組みがどんなのかかが初めてよく分かりました。組み立てるのはすごい難しくとても時間がかかった。」

     

  • 大阪会場

    2014年8月2日 大阪会場

    前列右から、
    多胡愛美さん(京都府・6年生)「時計を作るのが楽しかった。時計の仕組みもよく分かった。」
    竹内日奈子さん(奈良県・6年生)「普段はあまり見られない時計の中身の様子を知って、実際に組み立てられてとても楽しかったです。」
    森本麻友さん(大阪府・6年生)「時計の歴史もよく分かったし、時計の仕組みがよく分かりました。」
    涌川瑞規くん(愛知県・6年生)「時計の仕組みなどがよく分かり、組み立ても上手くできました。」
    岩佐歩真くん(広島県・5年生)「初めて時計の組み立てみて、時計の秘密や疑問に思っていた、どこに針が付くのかも分かった。」