STUDIO BREITLING

 
 

STUDIO BREITLING WATCH ACADEMY for Kids 特別講座:荒川区立第三端光小学校

2012年11月、荒川区立第三端光小学校の5年生を対象にした「ウオッチアカデミー特別講座」が開催されました。

5年生の2クラス、51名が受講。機械式時計を初めて見る子も多く、電池も入っていない時計がどうして動くのか?どうやって正確な時を刻むことができるのか?そんな疑問を感じていたようです。

そんな疑問を、スタジオ・ブライトリングの技術者が、ビデオや資料を使い分かりやすく解説。CCDカメラを使って、動いているムーブメントを映し出すと、歯車の動きに釘付けになっていました。メモをとる子や積極的に質問をする子など、機械式時計の構造に興味を持ってもらいました。講座の後半は、班に分かれて、ポケットウォッチの分解を体験。本物の時計のパーツを1手ずつ順番に外していく作業です。技術者が使っている本物の工具を手に、興奮しながらも、小さなパーツに手が震えたり、班の中で外す順番を確認し合ったりして真剣に取り組んでいました。無事にすべてのパーツを外して、講座が終了。どの子も、目を輝かせ、ワクワクした表情だったのが印象的でした。

講座終了後に書いてもらったアンケートには、「楽しかった!」「時計に興味を持った」という感想を多くいただきました。中には、「将来、時計の仕事をしたい」「パイロットになりたいからすごく興味がある」など、将来の夢にも少なからず何かを提供できたのかもしれません。

このプログラムを通じて、1つ1つ組み立てられて作られる機械式時計の仕組みや面白さを感じてもらい、手仕事の奥深さ、物を直しながら永く使う、物を大切にするという事を学んでもらえたらと考えています。同時にスイスという国を通じて、海外に目をむけ、また自分の知らない職業もある事を知ってもらい、広い視野で将来の夢を膨らませて欲しいとも思って開催いたしました。

今後もこの活動を継続していく予定です。 多くの小学生と対話できることを楽しみにしています。

参加したみんなから感想をいただきました。少しですが紹介します。

  • 5年1組 中西花乃

    「今まで時計の仕組みなど考えたことはなかったけれど、時計の仕組みについて興味をもちました。時計を分解するのがとても楽しかったです。細かい作業が好きなので、もっと小さい部品も分解してみたいと思いました。」

  • 5年1組 幕田和秦

    「私は時計の中にルビーが入っていると聞いて、とてもビックリしました。家に帰ってからお父さんとお母さんに話したら、お父さんもお母さんもビックリしていました。機械式時計の中身を分解したのが楽しかったです。」

  • 5年2組 赤塚由夏

    「私は時計がどうやってできているのかをずっと知りたかったけどわかりませんでした。お父さんが腕時計でストップウォッチを使っていてこんなに小さいところに入るんだなと思いました。時計の中まで見せてもらえて嬉しかったです。ありがとうございました。」

  • 5年2組 伊藤華那

    「時計の中に、米一粒の大きさの部品が入っているとは思ってもいなかったです。スクリーンで見たけど、今度は生でみたいです。時計の部品に自分の名前が入っていたのでびっくりしました。時計について、もっと詳しく知りたいです。ありがとうございました。」