STUDIO BREITLING

 
 

STUDIO BREITLING WATCH ACADEMY for Kids 特別講座:埼玉県加須市立水深小学校

2013年2月、埼玉県加須市立水深小学校で「ウオッチアカデミー特別講座」が開催されました。

今回訪問した小学校は、元気な声が校舎の外まで聞こえるような活発な子供たちであふれていました。卒業間近の6年生、36名が受講。もちろん機械式時計を初めて見る子も多く、電池も入っていない時計がどうして動くのか?どうやって正確な時を刻むことができるのか?そんな疑問を感じていたようです。

そんな疑問を、スタジオ・ブライトリングの技術者が、ビデオや資料を使い分かりやすく解説。CCDカメラを使って、動いているムーブメントを映し出すと、歯車の動きに釘付けになっていました。はじめは緊張のせいかおとなしく講義を聞いていた子供たちも、実技が始まると大興奮の様子。今回は特別にポケットウォッチの組み立てを体験。キズミが必要な作業、ネジが多い作業、繊細な作業と、みんなで順番に協力して最後まで組み立てを行いました。作業をする人を同じ班の子供たちが囲んで、食い入るように覗き込んでいたのが印象的でした。組み立て後には実際にブライトリングの時計に使われているムーブメントをこの目で見ようと、CCDカメラの前にわっと集まって「すげー」「ちっちゃーい」と大騒ぎで講義を行った技術者にとっても、とても楽しい1日でした。

このプログラムを通じて、1つ1つ組み立てられて作られる機械式時計の仕組みや面白さを感じてもらい、手仕事の奥深さ、物を直しながら永く使う、物を大切にするという事を学んでもらえたらと考えています。同時にスイスという国を通じて、海外に目をむけ、また自分の知らない職業もある事を知ってもらい、広い視野で将来の夢を膨らませて欲しいとも思って開催いたしました。

今後もこの活動を継続していく予定です。 多くの小学生と対話できることを楽しみにしています

参加したみんなから感想をいただきました。少しですが紹介します。

  • 6年1組 岡戸優佳

    今日は約90分間ありがとうございました。時計の歴史やなぜ動くのか、時計の中の仕組みなど、とても良く分かりました。時計の組み立てをやらせてもらい、とても楽しかったです。今度は、もっとたくさんの部品を組み立てたいです。

  • 6年1組 クイケン ステラ

    私は一番細かいアンクルをはめる作業をしました。細かい作業で、すごく難しかったですが、はまった時はうれしかったです。本当に貴重な経験ができたので、卒業前にすごくいい思い出ができました。私も将来、時計を買う時がきたら、ブライトリングを買ってみたいです。

  • 6年1組 中野美月

    時計の部品はとても細かいなぁ。と思いました。時計について知ることができたので、とっても貴重な経験をしたと思います!昔、「ろうそく時計」などの時計があったことなど、知らなかったので、とってもびっくりしました。そのような時計を作った人は「頭がイイなぁ」「すごいなぁ。」と思います。

  • 6年1組 堀川健太

    ぼくは、今日の体験で時計にもいろいろな歴史があるというのが分かりました。スイスが時計大国というのにもおどろきました。いろいろな部品が人の手で作られているからこそ、高級な時計になっていることが分かりました。とても楽しかったです。